スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

会社辞めてきた

っす。

予定より前倒しにしましたが。


もう我慢の限界を遥かに越えた。

突然前倒しにしたのでほとんど誰も知らないままで、さっさと片付けて去ってきた。
きっとこれからいろんなところで騒ぎが起きはじめてると思います。
もう、しーらない。
私がいくら尽力しても、わけのわからない勢力がぜーんぶ引っ掻き回すんだもの。
もう、しっちゃかめっちゃかもいいとこで、いろんなところの不備の部分だけが私の責任で。

私はストレスで食べなくなる人なので、体重は激減して、まあもともと肉が少ない人なのですがウエストはもちろん手首まで痩せて。ベルトの穴は足りなくなるわサイズあわせた時計はぶかぶかになって文字盤が変な方向向くわ。

最後は結局、実質ボスとの喧嘩別れみたいなぐあいで。
私がブチ切れて最終日を早めた。

ボスを嫌いだから去ったんじゃないんです。
友人として、裏方稼業として、もっとサポートしたかったんです。
けど、いくら光の当たらないところが好きな裏方稼業でも、理不尽さには耐えられない。
私はボスに、この理不尽さを解消するために思いきった行動をとるか、私が去るかの二択を迫りました。
ボスは後者をとりました。

口惜しい、かもしれないけれど、後悔はありません。
私は直接聞いてないけど、愛人説で困ってたらしいですから、それも一緒にクリアにできて良かったじゃないですか。
といったところ。

本当はいろんな方々にきちんと挨拶をしたかったんだけど。
挨拶をすればするほどボスの力不足を証明してしまうことになりそうなので止めました。
ほかの3人の社員さんたちにさえ挨拶してきませんでした。

きっと今日、明日にでも大騒ぎになってると思います。
手前味噌ですが、当面のところ私にしかできないボスのフォロー業務が相当ありました。
それは、お互いの信頼の部分と、技術的な部分が平行して構築されているものでした。
これは私が半ば、というより完全に強引に運用をすすめ、通常使用のルールとしてボスに常用させるに運び込んだものです。
デジタルな環境を私が整え、会社としてのスケジュールがあったら私がすべて入力し。
ボスが自分の行動予定を決めようとしたら会社のスケジュールをみて自分で時間を調整して入力し、私がそれを見てボスの動向を知る。

ただそれだけのことですが、ここまでもってくるのにほぼ2ヶ月かかったんですよ。
私が去ったあと、これを引き継ぐべき人がいません。
立場的にも、技術的にも。
決して難しいことではないのですが、誰もできないでしょう。

私が去ることを選んだのはボスですから。
自分で考えればいいんです。

ボスのことを嫌いで辞めたわけではありません。
男らしく腹括って首洗って出直してくれば、ふたたび力をかすことには、やぶさかではありません。

暫くは。混乱するでしょう。
どこかから悲鳴の連絡が来るかもしれません。
連絡先知ってる人あんまりいないんだけど。

自分のこれからは、これから考えます。
ちょっとしばらくは休ませて…


突然メンタル系の話になりますが、私はレスリンという薬が好きなのです。
今は処方されてないんだけど、以前のがちょっと余ってて、ちびちびと…
しばらくの休養期間用として、ねだったら出してもらえるかなあ…おねだり苦手なのです。
就寝前に飲むと、やすらかに安眠できるんです。うーん。気持ちのリセット完了するまで、ほしいなぁ。


またまた話は飛びますが、私には従兄姉がだいたい20人居ます。非公式従兄姉もたぶんいるので、だいたいです。
私は父方だと公式には下から2番目です。いちばん近くて4つ上です。
年齢が離れているので、従兄姉たちと普通に会話ができるようになったのは最近です。
んで、うちの家系って優秀なのが多くって。従兄姉には医者とか薬の開発(主に麻薬らしい)やってる博士とか、薬剤師とか、なんかすごいです。演劇なんてやってるのは私ともう一人だけです。それでも二人いるというのはちょっとした奇跡!
医師薬剤師薬の開発系従兄たちの会話はもう何を言っているのか完全にわかりまへん。
今度機会があったらレスリンについて専門家に語ってほしいと思ってますがたぶん私にはそこまで話を持っていけない…
何故か今月、九州で、関東に住んでる親族もひっくるめて大宴会があるらしいので乗り込んできます。
ホテルがとれなくて、民宿みたいなところに両親と川の字で寝る予定…どうせ日付が変わるまで飲むんでしょう。

うちの家系には更に介護士の従兄もいるので、そこに加わるとこれまた完全にプロの世界です。母方にも介護士いるんだけど。
畑が違っても、プロの話はためになるなぁ。って思います。


はあ、何の話をしてたんでしたっけ。
ああそうだ。会社辞めてきたんです。

しばらくやすみます。

| | 14:29 | comments(0) | - |

継続!

JUGEMさんの素早い対応のおかげで、このアカウントのままブログ継続できます!
はー。ちょっと焦った。
二日以内にお返事する、って書いててもほぼ信用しないまま問い合わせをしたけど、1日半くらいで返信をいただきました。驚いた!
で、登録時に自分がどういう情報で登録したかの記憶が最早朧げだったんだけど、記憶の糸をたどって再度連絡したらかなりのハイスピードで対応していただけました!!すげー、JUGEMすげー!
ひとのブログを読んでても、鬱陶しさが少ないのは断然JUGEMだなーと、登録した時も最近も思ってましたが、いやはや、対応も迅速でした!
私みたいな、テキストメインなひとなら容量全く問題ないし!
担当の方、ありがとうございます。というメールを出したら鬱陶しいと思うのでここでお礼申し上げます。
ありがとでしたー!!

私は「寂しい」という感情が欠落した人間なので、話し相手がいなくてもさほど問題は無いのですが、吐出すことをしないと自家中毒起こしちゃうんですね。白髪の生えたオトナですが!!
なので、こうやってどこの誰だか分からないまま、何の話をしているのかよくわからないままズルズル書く場所って必要なんだなと思ってます。
だから、吐出す場所があればアカウントとかどこでもいいんです。

そして最近つくづく思うのは、私は想い出をカタチにして残したいという感情もかなり薄いみたいなんですね。
写真とか、手元に無くても、覚えてるからいいじゃん。
覚えておきたいものは、写真が無くても覚えてるじゃん。
てかんじで、あまり執着が無いんです。

でも、仕事で仲良くしてもらった人たちと一緒に行ったボーリングの会での記念写真は、とても大事な一枚です。
ひとりはアメリカに帰っちゃって、Facebookで繋がっていられると思ってたら、いなくなっちゃったし(; ;)

よくわからない関係になった、大好きだった人との留守番電話メッセージやメールのやり取り。そのひとが私を撮った写真。私のために送ってくれた写真。
いとしくて、かなしくて、消せない。
けど、覚えてる。だから、カタチにはこだわらない。

少女の頃、好きだったのか好かれていたのかなんだか未だによくわからない、たぶん、彼が私を好きらしいという噂を聞きまくって私もそんなつもりになったようなひとが、卒業式に第二ボタンだけ残してるといろんな人から教えてもらったこと。
ボタンがなくても忘れないから。
だから、もらいに行かなかった。
後悔はしていない。

私は後悔することはほとんどない。
悔やむことはあっても、後悔、とは違う。

日々新しいアタシで歩いてゆこう。

もうじき、私はボスの元を去る。
たぶん彼はまだ現実として受け止めていないと思う。
首脳陣には言ってある。現場の人にはまだ言ってない。私が言うことじゃない気がして。
いままで辛い場面を乗り越えてきたボスの葛藤は分かる。
けど、私はストレスで体重をぐんぐん落としながら先の見えないこの闘いに付き合い続ける立場じゃないはず。

だから。
来週。彼がその件についてなにも触れずにいたら。
私は火種を投げ入れる。
異性の友人呼び込んだからには余計に腹括るべき。
括れないなら私が去る。

残酷で非情に思われましょうが、彼には日本的なコマコマチマチマした人情にズルズルしないでデンと構えてほしいのです。
彼のストレスと白髪も増えるでしょう。肌も荒れるでしょう。
それはそれ。

火種を私が投げ入れて。
どう騒ぎが起きるか。

し〜らないっ。

| | 21:26 | comments(0) | - |

10 years

9.11 といえば。
3.11 といえば。

9.11という日付は、アメリカと全世界に於いて、もちろん忘れてはならない日です。

今年、3.11という、もうひとつ、忘れてはならない日がうまれた。
3.11の半年後が9.11。

9.11から10年の、今年の9.11。
日曜日。

私は妹とランチをしたあと、今の職場の先生の出演する公演を観に行った。
私の中で9.11はとても朧げで遠い悪夢のようなできごと。
どこで働いていたかは思い出せる。
けどそのころ私は既に精神がズタボロで、たぶん腕の傷がどんどん増えていた頃だと思う。
その頃は紙になりPCになり日記を事細かに書いていたのだけれど、引っ張りだして思い出す必要がないと思うから、朧げなままにしている。
自分自身がボロボロで、眠れずに歯ぎしりと闘いながら悶える夜々を過ごし、腕の傷を増やし、乾いてく血と浅すぎる傷跡を広げながら、血を舐めながら、何故WTCに私がいなかったのか。私のこの、特攻覚悟の怒りの想いをどこかにぶつけたところで何を破壊する力もないことを自覚し、強力な睡眠薬や強力な向精神薬を飲んで、血を流す心に気付かないようには生きられず、あとはよく覚えていない。

私は全く知らなかったのだが、今のボスはあのときNYCにいたそうだ。
ボス(当時はただのジュニア)を心配するあまり半狂乱になって安否確認をしていたという先生が、10年前のそのことをリアルに思い出して、泣いて泣いて、大変だったそうだ。
(私は挨拶をボスに任せて早々に帰ったので今日聞いた。そして私はボスのこれまでの動向の半分も知らないし9.11当時については全く聞いたことがなかった。)
泣くほどに心配した青年(当時)が、今ここで元気でいる。
きっとそれも涙を止められず。
だったようです。

あれから10年も。

私の腕の傷は、死にたくて切ってたんじゃなくて、生暖かい鉄の味する血が自分の中を流れているという安心感が欲しくて刻んでて、今でもよく見れば見える。

10年経っても消えない傷跡。
けど、この傷を刻んで自分なりの癒しを得たから今わたしがココで生きてる。
ボスがどこまで理解してるかわからないけど、ボスの近眼でどこまでこの傷跡が見えているか分からないけど、私が腕を切り刻みながら苦しさを越えてきたことは、ボスはちゃんと受け止めてくれていると思ってる。

今年の9.11も地震があった。

わたしは独り身のおきらく中年。
守るべき家庭もないけれど。

守るべき家族がないからこそ、放射能もなにも恐怖を越えて、わたしたちのすべきことを全うしたい。

あれから10年も
この先10年も
振り向かない 急がない 立ちどまらない
君だけを ぼくだけを 愛したときを
今も誇りに想うよ
ずっと誇りに想うよ
(渡辺美里 10years)


ボスのことは好きです。学生の頃から好きです。
ただそれは、ほんとうに、友達として信用していきたいと思ってた。
そんなに深い友達じゃなかったんだけど。
今、こうなって。
何故こうなったのか未だに分からないし、ムチャクチャだけど。
きちんと誠意を持って、且つ、自分の気持ちに嘘をつかず。
できることは手を抜かない。

9.11。3.11の半年後。

私はただ、自分の状況と照らし合わすことしかできない。

| | 22:32 | comments(0) | - |

BBQ

一年半前に参加した芝居のメンバーでBBQをしてきた!
お城のような別荘で、夢のように美しいお庭で、おいしい食事をたくさんいただきました!

私はスタッフなので、俳優さんたちの経験とか想いとかそういうのをたくさん聞けてとても有意義な時間でした。
同じ舞台を作ったメンバーと、こうして時間が経ったときにまた話をして、「今だから言うけど」なんて本音も言えちゃって、演技とか芝居についての、思想だけじゃなくて経験に基づいた姿勢のようなものを構築して立ち向かってく思いとか、お話しできるのは本当にありがたいなあ。
私は劇場に入らないとなんにも見せられないポジションなので、どんな条件であっても限界まで手を抜かない根性は忘れずにありたいと思いました。

はあ。
またお芝居やりたいなあ。

| | 02:19 | comments(0) | - |

links

再度、友人とその関係者の方とミーティング。
なんか、うまいことまるめこまれたような〜
予想外の展開でトトトンと進んでいってしまってもう退けませんという状態…
なにをやるのかっていうと、なんだかんだあるらしいのだが、今後いろいろ切り開いていくような?感もあり?ちょっとした渦の中に乗り込んでいくような状態?さっぱり内部を見ていなくて漠然と言われてハア〜という状態です。
今までの経験の一部を生かしつつ、本業の部分を活用した部門もつくっていっちゃおうかという話題が出たり?
具体的にどこ行くねん!というのを書くと一瞬で身バレするので秘密です。
今月末くらいから実際に現場に行って、それまでは対応の事とかナントカカントカ詳細を詰めてゆく感じです。

ミーティングの後は場所を移して大学の同窓会的飲み会、と言いつつ人が集まらなくて3人だけ。。
でもこういう3人で飲んだことはなかったので面白かったです。
合流した友人Kに「ぜんっぜん変わんないね。」と言われました…
わたし、中学校の同級生にも「変わってない」と言われるんですけど、それはつまり中学時代から今まで一貫して変わってないということかしら…白髪は確実に増えたぞ。
友人Kは私と友人Nが一緒にいることに「なんでこの組み合わせ?」という反応で、なんだかんだ説明したら驚いたり笑ったりしてました。
彼ら二人は同業者で、私だけちょっと別分野。いろんな話をして、充実した時間でした。他の同級生の近況も聞けました。職種がちょっと違うと入ってくる情報も相当違うもんだね。あたりまえか。
学生時代からわいのわいの一緒にやってたけど、学校のことと芝居のことしか話してなかったような。卒業してずいぶん経って、当時は話さなかった家族のこととか、過ぎた恋愛話とか、あのとき実は、なんて話とか、話題はいくらでも展開してゆくなあ。
友人Nには、そのうち、私が精神科の病気でぶっ壊れた時のこととか、ぶっ壊れて立ち直ってきた結果どう変化しているか、なんてところの話もするべきだなあと思ってます。信頼してもらうには知っておいてほしいところ。

私はちょっと油断してよっぱらってしまいました…帰りに駅の階段をまっすぐ降りられなくて二人に手を引いてもらうという私にしてはめったにない状態に!でもちゃんと一人でおうちに帰りましたよ。途中、乗換駅でトイレに入ったつもりが、トイレから出て気付くと乗換駅でもなんでもない普通に通過するだけの駅で、私は何故ここで降りたんだ?とか、珍事もあり…逆方面の電車に乗ったわけじゃないのでよしとしよう!

| | 16:55 | comments(0) | - |

つれづれ

某月某日
右近健一さんの一人芝居ウィズ・ヒズ・バンド『ヌッツォの逆襲』を観てきた。
知人が関わっているので。
アニキはお米もお漬け物も嫌いな猛烈偏食さんで、自分の現場の時はいっぱいいっぱいになってほとんどお弁当は食べずにお菓子をつまんでつなぐ方で。初めて会った現場では、同じチームで待ち時間がとーっても長かったんだけど、私が食べよっかなーと思ってたチョコ「ダース」をテーブルに置いておいたら、食べたいのか、私のダースを指でグリグリして「あけようよ。食べたいの。」という無言のおねだりをするという、13歳も年上なんだけどなんとも可愛らしいアニキです。照明屋さんなのに高所恐怖症というのもまた希有な人材…
そんなアニキに、ダース3種類を差し入れしました!合計315円!安くてスンマセン…

新感線の芝居は、染五郎が出演した「阿修羅城の瞳」のときは取り付かれたように通いましたが、よく考えたらそれっきりでした。
いや〜、面白かった。
バカバカしいと言えばそうなんだけど、楽しい時間だった。
休憩含めて1時間半程という内容でちょうどいいのかもしれないです。
ライブで休憩ありというのは珍しいし、1時間半だったら芝居でも休憩は入れずにいっきに行きますが、ライブハウスなので、休憩があればドリンクとか買いに行けるし。上演中に行っていいと言われても実際演奏聞きたかったら行きにくいんだよね。オールナイトとか対バンものならともかく。
そして「月見ル君想フ」というライブハウスは、いつもそうなのか知りませんが、いちおうみんな座席に座れるようです。席といっても丸椅子がほとんどですけどね。
私は開演前にビールを引き換え、ライブハウスって使い捨てプラカップがほとんどじゃないかと思うのですが、きちんとガラスのジョッキに注がれました。
席があるのはいいのだが、テーブルつきのところは確保できなかったので、荷物と上着と傘とをあっちへやりこっちへやり…傘はブースに置かせてもらえば良かったかな…まあそんなことはともかく。
私が行った回では、右近さんの高校時代のお友達さんが来てて、更に、やたらめった反応よすぎるお客さんがいて、右近さんにいろいろ絡まれてました。
本編ももちろん面白いのですが、舞台後方に映し出される映像に、「頼んでないけどGueenのフレディ波多江さんが動画を作ってくれたので、使うならここかと思ったんだけどどうでしょう。」的なテロップとともに登場してこれも面白かった〜!

客席に、むかしネットで知り合って何度かお会いしてるあの方ではなかろうか〜という方をお見かけしたんだけど、なにせ10年くらい音信不通にしてたので自信が無くてスルーしてしまいましたゴメンナサイ…

なんか最近は、不思議な名前のライブハウスが増えてるんですね。


| | 16:34 | comments(0) | - |

境界線

時間をかけて話すつもりでいたし、これからも会話を続けるつもりでいる。数時間じゃ全然足りない。

弾き飛ばしたいと思って口にした自死についての話題に、友人がすぅっと想いを語ったことがとても怖かった。
この話題を出さなければ、彼がそんなことを考えてたことも知らずに過ぎただろう。
だから話題にしたことはここではよかったんだと思う。
あの場では私は何も言えなかった。
私はかつて死とは別の意図で手首を切り刻んでいて、ある友人に泣きながら怒られたことも思い出す。
その想いはうれしい。けど自傷して血を見たい気持ちは止められないんだよ。という葛藤があった。

どれだけ止めても、私たちの師のようにすぅっとあっちへ行ってしまう人もいる。

彼の本心は分からない。
けど絶対に、あっちには行かせない。
想いは止められない。けど絶対に実行させない。
安心するにはまだ会話の時間が足りないよ。
不安で涙が出る。私は神経症だからね。不安が過ぎるんだよ。
絶対いかせない。

私が手首を切り刻んでいた時の話をもうすこし、したほうがいいのかもしれない。
やっぱり時間が必要だ。もっとたくさん話さないといけない。
いろんな不安要素が重なって落ち着かなくなる。
タイミングを間違えるな、自分!!

考えすぎ。で済むことを願う。心から。
たぶん来週また会う。
もっと本心を汲み取れるように尽力しよう。
そうじゃないと不安で眠れなくなる。

| | 21:09 | comments(1) | - |

日記

某月某日
「フェルメール 《地理学者》 と オランダ・フランドル絵画展」を観にBunkamuraに行ってきました。
フェルメールのほかにもレンブラント、ルーベンス、ヤン・ブリューゲル、ハルスなど同時代を代表する画家の名作全95点が、ドイツ・フランクフルトにあるシュテーデル美術館のコレクションから一堂に会します。
という内容。

このあたりの美術史などについてはまるで分かってないのですが、なんといいますか、暗かったです。
ほぼモノクロといったところ。
地理学者は美しい色彩ですが、思ったより小振りの作品でした。
肖像画は服がほぼモノクロだし、風景画もほぼモノクロ。海景画も…
どれも味のある作品であることは分かるんだけど、どれ観てもモノクロで、ちょっと飽きるのが早かったです。。。
技術とか、方法論みたいなのがよくわかりませんでした。。。
ただ、絵に込められた思想とかメタファーと言うと言い過ぎな気がしますが、そういうのを突き詰めてゆけばもっと楽しめるのかなとは思いました。
レンブラント観に行きたいな…

前々から思ってたんだけど、静物画で、狩りの獲物のウサギや鳥(もちろん死んだ状態で吊るされたりしてるような)を描くのはどういう意図なのだろうか…狩りの記録?あと、豚小屋で屠殺されて内臓取り除いて開いて干されてる絵とか、なんでこんなのを描くのかよくわからない。。生活風景の描写??

それはともかく、美しい絵画は、イイ!

某月某日から数日間
演劇の現場についてました。
まあ私はピン振る人だし、たぶんコンセプト的に技術スタッフがwebで何かを広めるべきではない感じなのでいろいろ濁しますが、台本読んで稽古場のビデオを見て場当たり、通し稽古などやって、これは面白いのかなあ〜、台本と構成はよくできてると思うけど、よくわからないなぁ〜。と思ってました。
お客様が入ると反応が予想と全く違って驚きました。。
イロモノかもしれないけど、よくやってると思いました。みんな、まじめ!まじめだけど面白い!
面白い経験をさせていただきました。

今後、某月某日
友人と会う予定。
相談があるそうで。内容は予想してる。
果たして私が力になれるのかは見えてませんが、まーとにかくド一般ピープルな私がどこまで相談相手としての役割を果たせるか、友人として最善を尽くしたいと思います。
もうすぐ20年来となる友人なのですが、彼とサシで話すのは初めてかも。。

どうやって行きてゆくか。

なんて悩ましいことでしょう。
したいことするのは、とっても大変。
守りたいものを守るのも、ほんとに大変。

自分のココロに誠実でありたい。

| | 02:10 | comments(0) | - |

最近のこと

知人経由で突然いただいたお仕事で、都内某所に通ってました。
全然知らない方々のところで単独で乗り込み、その場で対応を考えてその場で一人で仕込んでそのまま数日の本番をこなすというような流れでした。
まぁこう見えて(見えてないか)いちおうプロの端くれでもありますので、無意味な打ち合わせなどをせずに当日いきなり参上するような感じで参戦。
誰一人、知ってる人はいません…
法人単位の位置関係もよくわからないまま…
私はその中で外注フリーという立場。
いちおう行ったことのあるホールというのもあり…
設営入れて4日間の現場で、完全アウェイで孤独な現場でしたが、いろいろと勉強になりました…
詳しくは書けないので割愛…

いやはや、勉強になりました。
他業種に関してですが。
あらゆるものは変化しているし、進化しているし、自分自身もどんどん年をとってるわけで。
時代遅れなオバちゃんになるのかならないのかは自分次第なのだなとか。
震災から49日。さあ、どうする。家も家族も無事な自分は。
業界の復興はこれからが勝負。

いろいろ考える機会をいただいた感じです。

大型連休ですね。
おかげさまでこの間のキャンセルは割と少なくすみ、明日から暫くはがっつりとお仕事させていただきます。

奢れるものも久しからず。
自覚をしていなくてはなりません。

頑張りますよ。

-----------------------------------------------------------------------
※追記
ここ数日、ルルティアというワード検索でいらっしゃる方が多く居られますが
さっき注文したというていたらくでごめんなさい〜
購入済みでもきっとたいしたエントリ書いてないんですけど、ちょっとは自省して
もうちょっと実のあるエントリ書くようにもう少し頑張ります。。。

| | 21:47 | comments(0) | - |

日々

みなさん、いかがお過ごしですか?

私はもう本当に引きこもりで、前回upした花見散歩ののちは、選挙の投票ついでに近隣を徘徊しつつサクッと花見したくらいです。
サクッといっても2時間半くらい歩き回りました〜
今週末にやっと一つ仕事があるので体力が足りるようになんとかしたいと思うばかりでなにもしてません。。

私は今、失業保険の給付を受けてます。
まー、金額的には全然足りない額ですが。
そしてもう年齢も年齢だし、働ければ何でもいいというわけにもいかないのでちゃんと本来やりたい職種で働きたいのですが、未曾有の災害のあとでは、私より何倍もコネクションの広い会社や先輩や友人でも呆然とするしかない干され具合。。

私のような特殊な職種で就職活動をかんばりつつ失業保険をもらうには、独自ルートで就職活動などをしてないといけません。
関係各所にはとってもご協力いただいてます…
そして、私の場合、単発バイト的な仕事がちょこちょこあるので当然申告してるわけなのですが、毎回クライアントが違うというのも通常では「?」と思われるのかもしれません…記入スペースが足りなくてどーすればいいのと聞く始末…
だったらそのうちのどっかに就職しちゃえばいいじゃん!と思われるかもしれませんが、会社も個人も正社員を雇用する程安定した仕事が入ってくるわけでもなく〜
しかもあたし、アラフォー!!

今回に関しては本当に、いくら強気で活動しても、ないものはないわけで…
これからどうなるか。様子を見るしかなく…

失業保険と僅かすぎる貯金で生活してる現状です。。
けど、まだ震災から1ヶ月。
娯楽・エンタメ業界は社会経済の影響が実質的に被ってくるまでちょっと時差があります。
それと、電気の事情もふまえ、あとは、こういう時だからこそ自分のたち位置はぶれずにありたいという意地でもって1ヶ月を過ごしました。

震災前の私の中での個人的計画では、春休みシーズンにがっつり働き、大型連休でがっつり働き、6月あたりは高飛びして今後のことを考える。というのがあったのですが、予算的に先が見えないのでお釈迦になりそうです…

これは言訳ですが、私はこう見えて(見えてないから知らんか)神経が細くて、ストレス過多になりやすく、いつまでも続く余震と収まる様子の見えない原発のことで3日に1度くらいは空吐きしてる状態です。
酒でものんで酔いつぶれてぐっすり寝るか。と思っても私は関東住まいの人間としてはおそろしく酒に強いので(九州では全然強くない)おそろしい量の酒を消費してとてもお財布に優しくありません。
3時間で1升飲む勢いじゃないとつぶれません…
それでも翌日には元気ピンピンです。

何かもっと建設的に過ごしたい。
2ヶ月目からはそれを日々の目標にしたいと思ってます。
ほんとに私は、家で何もしないんです…しなすぎなんです…
精神疲労がひどすぎて動けなくなるのです…

今日など、朝から地震続き。
私の住まいは千葉県のちょっと内陸側なのですが、今朝の千葉県沖地震の時は、下からズズズ〜っと響く感じがあり、あ、これヤバい気のせいじゃない、と思った直後に携帯に緊急地震速報が来て、まっすぐテレビをつけに行ったらユッサユッサきました。
震災前は、洗濯物は使ってない部屋に干して除湿器かけてたのですが、節電のため今は日当りがよく気温も高いリビングに干してて、その洗濯バサミがじりじりとした震動から大幅な動きに変わり、建物のきしむ音もムギギギ、ムギギギギ、ときます。
うちは昔ながらの団地なので、よっぽどじゃないと倒壊しないと思うし、家具もたいして大きなものはないので大丈夫だとは思うんだけど、それでもやっぱり怖いものは怖い…
うちの団地は、むかーしは田んぼだったところなのだそうです。
でもまあ古いせいか整地が良かったのか、液状化はなく、団地の反対側の棟では昔からちょっとした地盤沈下がありましたが、うちのほうは平穏無事です。
すぐそばが崖なので、崖崩れを一人で心配してますが…
まあ、竹がかなり生えてるし、あそこが崩れたら上の学校の校庭が流れる感じだし…
室内にいれば大丈夫かな…
などど、今まで現実から遠かった妄想がちょっとリアルになって困ります。

情報収集は大事だけど、今時分が求めてない情報をあまり取り入れちゃうと不安が増すばかりだなあと再々…認識。

また、避難命令など出されても、そんな漠然と出されても、困るだろうな…と。。。
私は元々関東生まれの人間ではないので、家族(一緒に住んでないけど)の住まいと自分の仕事がなんとかなればどこにでも行けるような気がしますが、農家さんとか漁師さんとかは、そういうわけにはいかないでしょう…

今の政府の態勢がいつまで継続されるのかわかりませんが、あめりかさんかふらんすさんかどこかに、原発問題の指揮権を委ねてもらいたい気持ちです。
K、おまえ、いつか、潰す。
それまでちゃんと働け。

| | 11:59 | comments(0) | - |

<< | 2/29PAGES | >>