<< それからいろいろ | main | 二人の時間 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

一年半

彼と出会って一年半くらい。

とてもとても大変だった。
何度も困らされた。
何度も突き放した。
でも懲りてくれなかった…

私が指摘した短所の改善にひとつひとつ取り組み、どーでもいいことにいちいち沸騰しなくなり、丸く、謙虚になってきた。
いやもうほんと、当初から仕事はできる人だと思ってたけれど、プライベートではなんでこんなにすぐ、私以外には喧嘩腰になるんだろうとうんざりしてた。前の奥さんがトンデモナイ人だという様子は聞いて想像しても、普段あなたがそういう態度をしているんじゃ結局どっちもどっちなんじゃないかしら、ちゃんと奥さんに思いやりを持って接してた?と疑問だった。
今でも思うけど。

一緒に仕事をしていた時は、彼にかかる責任とプレッシャーとストレスの大きさと、当時の彼のプラーベートのボロボロさに大ダメージを受けていて体も心も死んでしまいそうだった。
そのとき一番近くにいたから、食事をさせたり休ませたりしてたらこうなった。
だから彼は私をメシアみたいに思っちゃってるんだろうとおもう。
そうではないので。

彼は、自分はもう一度死んだようなものだから、私と一緒にいられる人間になるためにどうとでも変わる。と言いました。
それで実際相当の変化をしています…
人当たりが柔らかくなったし、キャパが広くなって、大酒飲みの私につきあってたらそれまで飲まなかったというビールや日本酒をグイグイ飲むようになり、余暇の過ごし方のバリエーションを広げ、などなど…

一歩一歩変化をしてくれてきているので、私も一緒に過ごしやすくなり。
とはいえ今は私のオフが不定期で、私が土日休みになった時でないと一日中一緒にいることはできないので、そのため私が自分一人の時間も持てるようになって、ずっと一緒だった時の閉塞感から解放されたというのが大きいのかも。

私は心がいろいろ異常なので、心安らかにずっと一緒にいられる相手は見つけられないだろうと思ってた。ずっと。
彼は元々は一緒にいたいタイプじゃなかったけど、私にあわせて変化をしているし、その変化を彼自身が楽しんでいる。
このけなげさを、私を度々困らせたという前科だけを理由に突き放さなくても、変化している彼が可愛いと思うし、私は他の誰かに新しい恋をすることはないと思うから、また一緒にいる。

いろいろあってまだうちの父が静かに反対しているので、時がくるまではまだ当分このまま。
その間に私は自分自身ももっと変えたい。

| | 14:25 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 14:25 | - | - |

Comment

Submit Comment