<< つれづれ | main | こもごも >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

日記

旅というか帰省みたいなものですが、九州に行ってきました。
従弟の結婚式がメインイベント。母方なのですが、苗字は同じです。
九州に多い苗字でして、母の妹も同じ苗字の人のところに嫁いだからです。
苗字は同じだけど家系は別だそうです。

金曜日の夕方の飛行機で福岡へ。
なんだか機体遅れと降りるお客様のお手伝いがなんとかかんとかで約1時間遅れ。
到着したら、父方の従姉の手配で宴会。
伯父(たしかもう85歳くらい)、従姉2人、従姉の旦那さん、うち一家4人でおっそろしい量の日本酒を飲みました。
お魚が美味しくて。私はあまりクジラとかあら煮とか好きじゃないはずなんですけど、「あれ??おいしいね??あれ??」と、たくさん食べてしまいました。
お酒の飲み方が半端ない。1升が一瞬であきます。

私はついうっかり神経科のお薬を一式忘れてきてしまい、だましだまし…の日々となりました。
アタマが痛いのは飲み過ぎなのか神経科のお薬が切れてしまったからなのか、よくわからないのでとりあえず葛根湯を飲んでいました。。。

翌日、結婚式です。
博多からタクシーでちょちょ〜〜っといったところです。
父方の従姉の旦那さんは「ドラキュラ城んごつある。葬儀屋ん建てたばい。」とか言っていました。
まぁ。ほんとでした。

外観

なんでまたこんなゴシック調的にしたのでしょうか〜。
親世代は、こういう、結婚式用に作り込んだ建築とか知らないので、アワワアワワとなっていました。
ロビーはこんな天井で。

ロビー

外国人のおじさまが、フルートとかサックス生演奏していました。
ほほおおお。

挙式はチャペルなんですけども、結婚式用のなんちゃってチャペルですので、弦楽4重奏とハープが。楽器が新郎方親族席に近すぎます!!教会ではこういう生演奏しないと思うんです!!まあいいか。

チャペル

こんな窓です。
キレイなんだけども、まあ、いろいろつっこみたくなるんだけども、いいでしょう。
ゴシック目指してるんだかなんなんだかさっぱりわからないので考えるのを止めました。

披露宴、なかなか楽しかったです。
新郎方親族ですので、さっぱりしたもんかと思ってましたけども、いやいや。新婦側のウルウルに乗せられてしまいました。
従弟は警察官で、今は通信なんとかなんとか部にいるそうで、主賓の肩書きが重い重い。
いったいどんな仕事をしているのだろうかと思ってたら、職場の人々の余興で、踊る大捜査線のテーマをBGMに長めの寸劇やってくれて、とても分かりやすかったです。こういうふうに指令出してんだな〜。ってか本物だよな〜!!!

いやはや、悪ガキのあの子がまあでっかくなってすごいすごい。

二人

この日の夕食は、母方の叔母夫婦と、結婚してないほうの従弟とで宴席を設けていただきました。
いかの生造りを食べました!



はじめて食べた〜!

2次会として、従姉のオススメのお店へ。
焼酎がいっぱいあって、普段焼酎を飲まないんですけど、たくさん飲んでしまいました(^ ^)

翌日は、日田に帰りました。
母方の祖母が施設に入っているので、会いに行きました。
一時期は本当に大変だったらしいんだけど、ちゃんと私たちを認識してくれました。
それが嬉しくて、一緒に写真を撮るのを忘れました。。。
ちゃんと、どっちかはまだ結婚してないってことも分かっていました。わたしよ、私がまだなのですよ!

夏なので、やな場に連れてってもらいました。

簗場

当然、あゆを食べます!

あゆ

2匹も食べました!
タマゴ持ちと白子持ちでした。
おなかいっぱい。

そのあと、父方の伯父のうちに車を返しつつ挨拶へ。
近くの展望台へお散歩。

眺望

ゆふいんの森号に乗って博多へ戻りました。
その日の夕食は、昨日行った従姉オススメのお店で、もつ鍋をいただきました。
もつ鍋もおいしかったし、壱岐牛もす〜〜〜〜っごいおいしかった!!!
うちの近所にもこんな店があればいいのに。通いたい。

その翌日、帰京。
食い倒れ飲んだくれの旅でした。

はぁ。仕事探さなきゃ〜。

スポンサーサイト

| - | 13:39 | - | - |

Comment

いいなー豪華な建物だなー
そしてうまそうだなー

| わだち | 2010/09/22 8:11 PM |

おかえりんこ。
スゴイ結婚式場だね。どこかの外国かと思ったよ。

九州もイカが美味しいんだよね♪
いっぱい飲み食いしたみたいですな。充実していたみたいだけど、疲れたんじゃない?

とりあえず、ゆっくりと休んでね!

| ぺぐ | 2010/09/22 8:45 PM |

>>わだち
豪華な建物でしょ〜。大野城市の田舎道に唐突に現れるもんだから、近隣住民であるいとこたちは驚いてましたよ。
今思うんだけど、白い建物にしなかったのは、ブティックホテルの類と思われちゃ嫌だからかも…とかとか。
中庭にもちょっとした空間があって、勝手に入り込んで妹を被写体にしてこっそり撮影会やっちゃいました。
そして、いろいろうまかった!!!

>>ぺぐちゃん
すごかったよ〜。タクシーの運転手さんは建物の名前は知らなかったんだけど、そんな建物があることは知ってて、車寄せに入りながら守衛さんに「ここがロイヤルなんとかちゅーとっかね。看板のうてわからんばい。」と言ってました。あはははは。
ああ〜、つかれたよ〜。そして帰ってきてもう寝すぎたよ〜。明日からは、朝にはちゃんと起きます。

| 青羽 | 2010/09/23 8:34 PM |

Submit Comment